「カープ」と「ジャズ」。

昭和50年の夏の写真です。
a0160571_562099.jpg

河村貴之、二歳半です。

自我が芽生えたころからカープが好きで、強い時も弱い時もずっとカープを応援してきました。なけなしの小遣いで月刊カープファンなどのカープ雑誌も買い続け、送った安仁屋宗八さんの似顔絵が掲載され喜び、テスト期間だろうが毎晩見てたプロ野球ニュースに送った正田耕三さんの似顔絵がジングルで映って喜び、何故か選手に年賀状も出してました。市民球場も由宇球場も通いつめ続け、優勝の喜びや下位に沈んだ悔しさや、いろいろ肌で知っています。

同時に音楽も好きで、サラリーマン生活をしてたころはカセットやMDのウォークマンとラジオをポケットに通勤時はノートを広げ音楽の勉強や研究、帰宅時はラジオ中継、がルーティーン。

音楽とカープ、そのふたつは僕の中でそれぞれ好きなこと。ただ、まあ当たり前ですが「音楽は音楽」で「カープはカープ」、でした。
その後、音楽が仕事となりました。当然音楽を夢中に取り組みます。そして、それでもってやっぱりカープを夢中で気にかけます。そんな30代でした。

そして40代になり、原色美術印刷社様よりアルバム「CARPJAZZ」の企画相談を僕のもとに頂きました。JAZZとカープのマッシュアップ作品の制作。本来まったく別々のものをくっつけてひとつにするというのは未知数の要素が大きいものですが、カープが好きな事とJAZZが好きな事と、2つのワクワクは僕のイメージの中で自然に当たり前にそして気持ちよく結びつきましたし、それ以前に、もともとやりたかった事でもあります。
原色美術印刷社様・広島東洋カープ様・セイントルイズスタジオ様・同じくカープを愛するメンバー・サポートくださる皆さま、周囲の方々のおかげでそのイメージは一気に具体化していきました。

アルバムリリース後、おかげさまでCARPJAZZは様々なメディアやイベントなどでお声がけ並びにお使い頂けてます。
音楽家であり、いちカープファンであるのは個人として根本的に変わらないのですが、「CARPJAZZ」として、カープやジャズシーンや広島をより面白くしていく事に微力でも貢献できる動きが取れれば、と思うわけです。そのためには、CDという"モノ"を作ってハイ終わり じゃなく、ライブハウスでの演奏や各種カープイベントでの演奏など、より具体的・実体的に動くことも大切だと思っています。
当然遊びじゃないしテキトーなことはできないので責任の意識もそこには伴います。事を動かすのも実際大変です。その上で、音楽的な喜びとカープ的な喜びを同時に表現することの純粋な楽しさ、を、多くの方々にお伝えすることができれば。

カープ、いま非常に盛り上がっています。カープが好きな音楽家として、専門のフィールドである音楽のサイドからカープや広島の街をより面白くすることに貢献できれば、個人としてもこれほど嬉しいことはありませんし、個人を超えての部分でもまた引き締まるものを感じられると思っています。

チームの頑張りに胸を打たれる日々です。常人には出来ないすごいことをすごい環境の中で連日されています。
精神力や覚悟やブレない感覚、同じ「人前に立つ者」としては足元にも及びませんが、そういう尊敬の念とともに、何かが出来れば幸いです。



カープ球団公認CD「CARPJAZZ」好評発売中!
a0160571_1813217.jpg a0160571_17535760.png a0160571_8262133.jpg
河村貴之ライブスケジュール 河村貴之 無料メールマガジン 広島東洋カープ公認ジャズCD"CarpJazz"
河村貴之プロフィール
河村貴之ジャズトランペット教室(広島・岩国)(スカイプでのWEBレッスン)
演奏オファーmail受付

Ballads/河村貴之・バラード集

河村貴之 / Heart Lord Studio.net


人気ブログランキングへ a0160571_3372451.jpg a0160571_1641198.jpg a0160571_1342434.jpg
Amazon Kindle / シュール系四コマギャグ漫画 大へヴん(河村貴之 / HU-MO出版局)
iPhoneアプリ女子向けオシャレ時計”ClockCc"(当ブログ読者ozさんチーム開発)
[PR]