ジャムセッションへ行こう♪

「ジャムセッション」。
単に「セッション」と呼んだり、「ジャムろうや~」なんてのもあるかと思いますが、音楽のプレイヤー達が集まってスタンダードなど共通する何かしらの曲を次々に演奏して皆で楽しむ場 の事を大体そのように呼びます。

a0160571_1985578.jpg

そして、様々なライブハウスがこの「セッションデー」を設けています。毎月だったり、場所によっては「何曜日はセッション」とかだったり。あるいはライブの後にセッションタイムを設ける「アフターセッション」などもあったり。

で、その「セッション」には、「ホストメンバー」という人がついてたりもします。そのホストメンバーは、参加者さんの「あの曲がしたい!」という思いを即座に共に形にしてくれる技量を持っています。
「ドラム」「ベース」「鍵盤やギターなどコード楽器」のいわゆる「リズム隊」がホストだったりするのが多いかと思いますが、そこに管楽器もいたり、あるいはホストが1人か2人だったり、その辺はまあいろいろ。
もちろんホストがついてない「参加者だけ」で行われる場合もあります。

ホストがいれば、うまくリードしてくれたり絶妙に絡んだりしてもらえます。リズム隊がホストで揃っていれば、たとえ参加者さんが1人でも大体の曲が出来る編成に自動的になるでしょう。更にホストに管楽器もいれば例えば2管が映える曲やボーカルに管楽器が絡むような事も叶います。ホストが多いほどどうしても人件費が発生するゆえ参加費が高めになる傾向はありますが、サウンドの土台が揃ってるのは何とも魅力でしょう。

逆にホストがいない場合、楽器の編成がどうなるかは蓋を開けてみなきゃわからないですが、「あー!しくじった!ちょい、もう一回いい?」とか、「さっき閃いたんだけど、ここをこういう風にやってみようやー。じゃいくよー、ワンツースリーフォー♪」とか、環境として常にニュートラルなのがいい♪参加費も大抵低めなのも嬉しいですね。


そんなセッション、参加方法は、いたって簡単。
楽器や楽譜を持って「行くだけ」です。
あとは好きな曲をやって、みんなとお話ししたり、飲んだり、といった具合。
あと、できれば、楽譜は、1枚じゃなくて、一応他の楽器の人用に4~5枚余分を持って行かれることをお勧めします♪


僕はレギュラーでは広島jazzlive Cominでの毎月一回のセッション「ニューカラーセッション」でホストメンバーをさせてもらっていますよ。


皆様、どうぞセッションに遊びに行ってみられてはいかがでしょう!きっと楽しく、思わぬ収穫もたくさんですので!!
★河村貴之ライブスケジュールはこちら 携帯版はこちら
★ 河村貴之ジャズトランペット教室(広島・岩国 / スカイプWEBレッスン)
・演奏依頼等はこちらより

Ballads/河村貴之・バラード集

河村貴之 / Heart Lord Studio.net


a0160571_1342434.jpg
Amazon Kindle / シュール系四コマギャグ漫画 大へヴん(河村貴之 / HU-MO出版局)

a0160571_1552170.jpg
大へヴん english version

a0160571_3372451.jpg

人気ブログランキングへiPhone時計アプリケーション女子向けオシャレ時計”ClockCc"(当ブログ読者ozさんチーム開発)
[PR]